• Rio de Janeiro 取扱終了まで 5:33
  • Rio de Janeiro 取扱終了まで 5:33
  • Rio de Janeiro 取扱終了まで 5:33
  • Rio de Janeiro 取扱終了まで 5:33
  • Rio de Janeiro 取扱終了まで 5:33
  • Rio de Janeiro 取扱終了まで 17:33
  • Rio de Janeiro 取扱終了まで 17:33
  • São Paulo 取扱終了まで 5:33
  • São Paulo 取扱終了まで 5:33
  • São Paulo 取扱終了まで 5:33
  • São Paulo 取扱終了まで 5:33
  • São Paulo 取扱終了まで 5:33
  • São Paulo 取扱終了まで 6:33
  • São Paulo 取扱終了まで 6:33
  • Tokyo 取扱開始時間まで 5:33
  • Tokyo 取扱開始時間まで 5:33
  • Tokyo 取扱開始時間まで 5:33
  • Tokyo 取扱開始時間まで 5:33
  • Tokyo 取扱開始時間まで 5:33
  • Tokyo 取扱開始時間まで 1:47
  • Tokyo 取扱開始時間まで 5:33
Print Friendly

日ブラジル間の特許審査ハイウェイ (PPH)試行プログラムが第2フェーズへ

January 24, 2019

(ブラジル特許庁がサイト上で2019年1月16日に公表)

ブラジル特許庁と日本国特許庁の代表者が2019年1月16日、両庁間のPPH試行プログラムの第2フェーズの開始を確認した。試行期間は2019年4月より2年間、または両庁それぞれが200件の申請を受け付けるまでとなる。また、INPIが受け付けるPPH申請は、一出願人あたり1ヶ月に1件に制限される。

ブラジル特許庁によれば、同庁は、エネルギー、機械、AV(オーディオ・ビジュアル)技術、電気通信、デジタル通信、コンピューター技術、半導体等の従前の分野に加え、材料、冶金、農芸化学、高分子化学、微生物、酵素などの新たな技術分野をPPH申請の対象とする。

「日ブラジル間のPPH試行プログラムの技術指針」(ポルトガル語版)で、第2フェーズより新たにPPHの対象となる技術分野の国際特許分類(IPC)コードが公表されている。

新たに対象となる技術分野、及び現在対象となっている技術分野の一覧

技術分野 国際特許分類(IPC)コード
機械・電気機器、エネルギー F21#, H01B, H01C, H01F, H01G, H01H, H01J, H01K, H01M, H01R, H01T, H02#, H05B, H05C, H05F, H99Z
AV技術 G09F, G09G, G11B, H04N3, H04N5, H04N9, H04N13, H04N15, H04N17, H04R, H04S, H05K
電気通信 G08C, H01P, H01Q, H04B, H04H, H04J, H04K, H04M, H04N1, H04N7, H04N11, H04Q
デジタル通信 H04L
基本的な通信処理 H03#
コンピューター技術 G06# (G06Q は含まない), G11C, G10L
管理のための情報技術の方法 G06Q
半導体 H01L
高分子化学、ポリマー C08B, C08C, C08F, C08G, C08H, C08K, C08L
冶金及び材料 B21#, B22C, B22D, B22F, C01B, C01C, C01D, C01F, C01G, C03C, C04B, C21B, C21C, C21D, C22B, C22C; C22F
農芸化学 A01N, A01P, C07D, C07G, C07H, C07J
微生物又は酵素 C12N
その他 B60#, B62#, C08J, F02D, G02B, G02F, G03G, G05#, G08G, H01S, H04N19, H04N21, H04W, H05H

第2フェーズでPPH申請の対象となる技術分野及び要件は、ブラジル特許庁が発布する決議上で公表される。

ブラジル特許庁は2013年以降、大量の審査滞貨(バックログ)の解消のための取り組みを行っており、その一環として、世界各国の特許庁との間のPPH試行プログラムを実施している。現在、ブラジル特許庁が諸外国との間で実施しているPPH試行プログラムは以下の通り。

ブラジル特許庁が現在実施しているPPH試行プログラムの一覧

相手国・地域 実施期間 主な要件
アメリカ 2020年4月30日まで IT、オイル、ガス、石油化学製品(決議第218/2018号に掲げられる特定の国際特許分類)の分野の、アメリカまたはブラジルの特許庁への最先出願を対象とする。既に第2フェーズを実施中。
日本 2019年3月31日まで(2019年4月までの延長決定) IT関連の発明(決議第184/2017号に掲げられる特定の国際特許分類)の分野の、日本またはブラジルの特許庁への最先出願を対象とする。第2フェーズに関する決議がまもなく発布される見込み。
欧州 2019年11月30日まで 化学または医療技術関連の発明(決議第202/2017号に掲げられる特定の国際特許分類)に関する、欧州特許庁またはブラジル特許庁への最先出願を対象とする。医薬品に関する発明は除く。
中国 2020年1月31日まで 化学、測量、梱包、IT関連の発明(決議第209/2018号に掲げられる特定の国際特許分類)に関する、中国またはブラジルの特許庁への最先出願を対象とする。医薬品に関する発明は除く。
イギリス 2020年7月31日まで バイオテクノロジー、IT関連の発明(決議第222/2018号に掲げられる特定の国際特許分類)に関する、イギリスまたはブラジルの特許庁への最先出願を対象とする。医薬品に関する発明は除く。
PROSUL(南米特許庁間協力プロジェクト) 2019年6月30日まで PROSULに参加する国(アルゼンチン、ブラジル、チリ、コスタリカ、コロンビア、エクアドル、パラグアイ、ペルー、ウルグアイ)の特許庁への最先出願を対象とする。第2フェーズは決議第224/2018号が規定する。
デンマーク 2020年8月31日まで 工学、照明、加熱・暖房、武器、及び爆発物関連(決議第223/2018号に掲げられる特定の国際特許分類)の発明に関する、デンマークまたはブラジルの特許庁への最先出願を対象とする。医薬品に関する発明は除く。

ブラジル特許庁が実施するPPH試行プログラムの現在までの成果は、以下の通り。

PPHs-Client-Alert-Japonês

このほか、ブラジル特許庁は、所定の要件を満たす出願に適用される優先審査プログラムを実施している。主なプログラムは以下の通り。

ブラジル特許庁が現在実施している優先審査プログラム

決議 内容
決議
第217/2018号
AIDS、癌、特定の難病、または(事前に定義された)顧みられない病気の診断、予防、治療
に関する出願を対象とする
決議
第151/2015号
ある特許出願の主題がブラジルで無許可で複製されている、出願人が特許の主題の開
発助成金を得るために特許取得を必要としている等、特定の状況における出願を対象と
する
決議
第175/2016号
省エネ、環境技術関連のグリーン出願に関する決議。WIPOの「IPC Green Inventory」に
基づくが、これに限らない。
決議
第212/2018
「ブラジル基礎出願優先審査プログラム」に適用される出願を対象とする。
決議
第211/2018号
個人零細事業者、零細企業、小企業を出願人とする出願を対象とする。
決議
第220/2018号
科学技術・イノベーション関連機関を出願人とする出願を対象とする。

本件に関する詳細については、当事務所にお問い合わせください。