• Rio de Janeiro 取扱終了まで 6:17
  • Rio de Janeiro 取扱終了まで 6:17
  • Rio de Janeiro 取扱終了まで 6:17
  • Rio de Janeiro 取扱終了まで 6:17
  • Rio de Janeiro 取扱終了まで 6:17
  • Rio de Janeiro 取扱終了まで 18:17
  • Rio de Janeiro 取扱終了まで 18:17
  • São Paulo 取扱終了まで 6:17
  • São Paulo 取扱終了まで 6:17
  • São Paulo 取扱終了まで 6:17
  • São Paulo 取扱終了まで 6:17
  • São Paulo 取扱終了まで 6:17
  • São Paulo 取扱終了まで 7:17
  • São Paulo 取扱終了まで 7:17
  • Tokyo 取扱開始時間まで 6:17
  • Tokyo 取扱開始時間まで 6:17
  • Tokyo 取扱開始時間まで 6:17
  • Tokyo 取扱開始時間まで 6:17
  • Tokyo 取扱開始時間まで 6:17
  • Tokyo 取扱開始時間まで 2:31
  • Tokyo 取扱開始時間まで 6:17

分野・業務

権利取得

Licks特許法律事務所は、特許分野において傑出した実績を残しております。特に、ブラジル国内有数の特許専門弁護士が所属し、特許出願の書類作成から付与後異議申立てに至るまで、クライアントのニーズに応じた最良の法的サポート、戦略的助言を提供しています。
我々の目標は、クライアントのために、可能な限り広範な特許保護を常に模索し、高い水準の知的財産権を獲得することです。我々は、分析的手法を用い、発生しうる問題を予測することで、強力且つ権利行使できる特許の取得可能性を最大限に高めるエキスパートです。
アメリカやヨーロッパで学術的知識や実践的な経験を蓄積した当事務所のパートナーは、国毎のクレーム起案や解釈の類似点や相違点を理解しています。また、我々のチームは、化学、バイオテクノロジー、医薬品、機械、電子、通信に精通しており、様々な分野での問題に対応することができます。
国外のクライアントから依頼を受けた場合、各国の言語からブラジルの公用語であるポルトガル語への書類作成が必須となりますが、当事務所では、クライアントにとり費用効率性の高い翻訳を提供しています。また、当事務所の権利取得部門とライセンス・訴訟の部門は一体となっているため、ブラジルにおける特許権の取得、エンフォースメント、ライセンスに関する広範なサービスを提供することができます。


競争率の高いブラジルマーケットにおいては、クライアントのビジネスや、その製品・サービスに関する評価や独自性の維持のために商標を強力に保護することの重要性を理解することが肝要です。クライアント企業の商品やサービスの評判、企業イメージを保つにはそれぞれのクライアント企業の方向性を把握すると同時に商標などの権利保護が必須と考えています。

Licks特許法律事務所は、国内有数の商標に関する経験豊富な弁護士から成るチームを擁し、商標調査や訴え、ドメインネーム、商標の保護、特許庁や裁判所におけるクライアントの商標権のあらゆる側面の保護・防禦に至るまで、幅広いサービスを提供しております。

また、顧客主義のアプローチをとり、あらゆる問題を戦略的に考え、有効的なエンフォースメントの戦略を考案します。さらに、知的財産侵害行為の停止通告書の送付や同書への対応、商標のライセンス、または上級裁判所への訴えなど様々な案件において、クライアントを全面的に支援します。


ブラジル著作権法は、美術、学術、文芸、演劇、音楽、視覚、視聴覚等の様々な創作物の保護を定めており、さらに、ソフトウェアも著作権法によって保護されています。特に、近年は、情報産業の企業、ソフトウェア、メディア、エンターテインメント等の多様な業界の目覚ましい成長により、著作権保護の重要性は、知財史上においてかつてないほど重要となってきています。

Licks特許法律事務所は、あらゆる状況においてクライアントの著作権保護を適切かつ確実に行うため、著作権に関する幅広いアドバイス、訴訟代理の役務を提供しています。当事務所の著作権担当グループは、保護に関する助言、ライセンス、登録から著作権ライセンスやエンフォースメントのためのソフトウェアやインターネットアプリケーションなど、テクノロジーを基盤とした複雑な著作権関連の問題に至るまで、著作権にかかわるあらゆる問題に対応いたします。

我々は、著作権法が保護するできるだけ広い範囲の中で様々な問題の解決に取り組むと同時に、商標や不正競争からの保護もクライアントの要望によってサポートすることができます。



ブラジルにおける植物品種に関する知的財産権は、連邦法第9456号が定める「植物品種保護証明書」により保護されます。この証明書により、植物の無断の使用や栄養繁殖を止めさせる権利が付与されます。従って、植物育種はコストがかかりますが、この保護モデルがあることで、植物育種プロセスへの投資が継続して行われているのです。
当事務所は、この独自の保護モデルの特徴を深く理解した、この分野で数十年の経験を有するプロフェッショナルを擁しているため、ブラジルにおける植物品種の保護を図る世界の植物育種家を全面的にサポートすることができます。


製品の視覚的側面は、消費者の購買意欲を掻き立てるための重要なマーケティングツールと考えられています。意匠登録をすれば、そのデザインが保護されます。すなわち、スニーカー、パッケージ、自動車、家庭用品など一般消費財の新商品の特定・認識が保護され、それに付加価値が付与されます。

意匠登録を取得した者には、第三者による、同じデザインの商品の無断生産、販売、使用、または輸入を止めさせる権利が付与されます。

当事務所は、意匠プラクティスの経験も豊富に有しており、クライアントのニーズに応じて最良の法的支援や戦略的助言を提供します。

当事務所のチームは、出願から付与後異議申立てに至るまで、クライアントに高品質のサービスを提供します。また、特許訴訟担当チームとタッグを組んで侵害訴訟においてクライアントを代理し、差止命令を獲得する率が極めて高いことで知られています。