• Rio de Janeiro 取扱終了まで 5:56
  • Rio de Janeiro 取扱終了まで 5:56
  • Rio de Janeiro 取扱終了まで 5:56
  • Rio de Janeiro 取扱終了まで 5:56
  • Rio de Janeiro 取扱終了まで 5:56
  • Rio de Janeiro 取扱終了まで 17:56
  • Rio de Janeiro 取扱終了まで 17:56
  • São Paulo 取扱終了まで 5:56
  • São Paulo 取扱終了まで 5:56
  • São Paulo 取扱終了まで 5:56
  • São Paulo 取扱終了まで 5:56
  • São Paulo 取扱終了まで 5:56
  • São Paulo 取扱終了まで 6:56
  • São Paulo 取扱終了まで 6:56
  • Tokyo 取扱開始時間まで 5:56
  • Tokyo 取扱開始時間まで 5:56
  • Tokyo 取扱開始時間まで 5:56
  • Tokyo 取扱開始時間まで 5:56
  • Tokyo 取扱開始時間まで 5:56
  • Tokyo 取扱開始時間まで 2:10
  • Tokyo 取扱開始時間まで 5:56

LICKSの理念

翻訳作業における取り組み

翻訳作業における取り組み

Licks Attorneysは、技術用語を世界共通のものと認識し、コンサルティング、出願、権利取得に関する最高品質のサービスの提供に主眼を置いています。当事務所は知的財産、食品・医薬品に関する訴訟・紛争の解決では国内有数の実績を誇ります。知的財産の権利化の業務においては、その経験に基づき、問題を予期し、強力且つエンフォースメントが可能な知的財産権の取得を実現します。当事務所のパートナーは、アメリカやヨーロッパにおける学術的経験や実務経験を有し、ブラジルと各国の特許出願時の類似点、相違点を熟知しています。

当事務所では、ブラジルの公用語であるポルトガル語への翻訳を重要な作業の一つとしています。優先権書類等の翻訳作業に際しても、ブラジル現行法に則ったクレームの起案を徹底しております。翻訳は、実施可能要件、明細書、均等論その他多くの関連事項の審査の結果を左右するものです。

2000年に締結されたロンドンアグリーメント以降の発展もさることながら、近年、国際的な特許制度の進歩が感じられます。当事務所は、翻訳作業を過度に重視することで、対象言語への翻訳コストが上がり、却って非生産的になると考えています。従って、クライアントとの協議の上で、最も費用効率の高い方法で翻訳の需要に対応することをモットーとしています。

当事務所は、出願手続きに関する正確な報酬金額・コストをあらかじめクライアントに提示するという方法を採っていることから、当事務所のサービスは高い価格競争力を誇ります。各出願手続きで必要となる作業量も、クライアントの指示に従って決定します。具体的には、以下のカテゴリーに分かれます。

  • 一般的な出願:標準的な作業量で対応。
  • 重要な出願:ブラジル国内におけるより強力な権利保護の戦略を検討するため、またはクライアントにより認識される特定の問題に対処するため、より厳密な分析が必要。
  • 戦略的出願:重要な商品を指定する、複雑な案件で、特別な手続きが必要。

我々は、クライアントのブラジル国内における権利の保護を最優先に考えており、このことは、世界中のどのクライアントに対しても共通する理念です。